誰でもできる建物登記・土地登記マニュアル

土地建物登記

建物表題登記 登記 建物

初心者でもすぐわかる!建物の構造を詳しくご紹介!

更新日:

初心者でもすぐわかる!建物の構造を詳しくご紹介!

あなたは建物表題登記の申請をする書類に「建物の構造」という項目があることについてご存知でしょうか?

「建物の構造」とは建物を造っている材料などのことをいいます。

ではどんな造りがあるのでしょうか。

今回は建物の構造について初心者でもすぐわかるように詳しくご紹介させていただきます。

建物表題登記の申請には「建物の構造」を記載する必要がある!

建物表題登記の申請には「建物の構造」を記載する必要があります。では「建物の構造」とは一体どんなものなのでしょうか?

建物の構造とは、

・建物の構成材料

・建物の屋根の種類

・建物の階数

の三要素のことをいいます。

不動産登記規則によると

「第百十四条 建物の構造は、建物の主たる部分の構成材料、屋根の種類及び階数により、次のように区分して定め、これらの区分に該当しない建物については、これに準じて定めるものとする。」引用

とされています。

つまりはっきりとわからないものについても区分してある造りに該当させなければならないということです。

次の章では建物の構成材料について詳しくご紹介させていただきます。

建物の構成材料による区分とは?

建物の構成材料の区分とは次の8つです。

①木造

一般的な住宅では最も使われている部材です。加工がしやすく、水に濡れたり火で燃やさない限り高い強度を持ちます。

②土蔵造

壁面を土と漆喰で作った構造です。こちらも手入れをすれば長くもちます。

③石造

石塊、加工した石材を積んだ壁で造られた建物です。日本よりも海外が多いのが特徴です。

④れんが造 

れんがをモルタルで接着して壁を造りあげる工法です。れんが造りにはイギリス積み、フランス積み、オランダ積みがあり、日本でも明治時代に多く建てられました。

⑤コンクリートブロック造

鉄筋とモルタルをコンクリートブロックの中に詰めて強度を高めて積み重ねて造られた建物です。

⑥鉄骨造

鉄骨造とは別名S造(STEEL造)ともいい、骨組みに鉄骨を使った構造の建物のことです。

⑦鉄筋コンクリート造

鉄筋コンクリート造とは、別名RC造(Reinforced Concrete)ともいいます。鉄筋をコンクリートで覆うことで強度を出して建てられた建物のことです。

マンションや高層ビルに使われます。

⑧鉄骨鉄筋コンクリート造

鉄骨鉄筋コンクリート造とは別名SRC造(Steel Reinforced Concrete Construction)ともいいます。

鉄骨の周囲に鉄筋を組み、コンクリートを打設して造ることが特徴です。

屋根の種類による区分とは?

屋根の種類による区分とは次の5つです。


①かわらぶき

かわらぶきとは、屋根葺き材に瓦を乗せる造りのことです。主に和風の建物の屋根に使われています。 

②スレートぶき

スレートぶきとは、屋根葺き材に、粘板岩などを加工した板を乗せたものです。洋風の建物の屋根に使われています。

③亜鉛メッキ鋼板ぶき
 

亜鉛メッキ鋼板ぶきとは、屋根葺き材に亜鉛メッキ鋼板を乗せた屋根のことです。一般的にトタンと呼ばれています。

④草ぶき

草ぶきとは、屋根葺き材に茅 (かや) や葦 (あし) や藁 (わら) を使って屋根を葺くことです。

白川郷などが有名です。

⑤陸屋根

マンションや高層ビルの屋上などに使われる屋根のタイプです。別名平屋根ともいわれ傾斜がない屋根のことです。

階数による区分とは?

階数による区分には次の2つがあります。 

①平屋建

平屋建とは、階数が1階しかない建物のことです。
 

②二階建

二階建とは、二階以上ある建物は全て二階建になります。

建物登記・土地登記はお近くの土地家屋調査士事務所へご相談下さい。

お気軽にお問合せください


住宅情報ランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

-建物表題登記, 登記 建物

Copyright© 土地建物登記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.