誰でもできる建物登記・土地登記マニュアル

土地建物登記

建物表題登記 登記 建物

ベランダ、(ルーフ)バルコニー、テラスの床面積は登記簿に記載する必要がある?

更新日:

ベランダ、(ルーフ)バルコニー、テラスの床面積は登記簿に記載する必要がある?

建物にはそのまま居室になる部分の他、様々な目的で作られている部分もあります。

特に建物の外部に張り出しているベランダ、バルコニー、ルーフバルコニー、テラスなど直接的に住人が暮らすわけではありませんが生活には必要な部分です。

ではこれらの床面積は登記簿に記載する必要があるのでしょうか。

今回はベランダ、バルコニー、ルーフバルコニー、テラスの床面積は登記簿に記載する必要があるのかについてご紹介させていただきます。

建物表題登記に記載する床面積の条件

建物表題登記の登記簿に記載する床面積のルールは以下の3つが満たされていることです。

①天井があること(外気からの遮断)

②3方向以上が覆われていること(外気からの遮断)

③床から天井までの高さが、1.5m以上の部分

これらが満たされていないものは建物表題登記の登記簿に記載することができません。

ベランダの床面積は建物表題登記に記載する必要があるのか?

一般的にベランダの定義は、

・2階以上の階にある

・住戸から外に張り出している(外部にある)

・雨風をしのげる屋根がある

これらのスペースのことをベランダといい、マンションにおいては、専有部分ではなく共有部分扱いになります。

建物表題登記に記載する床面積の条件からみるとベランダは建物表題登記に記載する必要がありません。

バルコニーの床面積は建物表題登記に記載する必要があるのか?

一般的にバルコニーの定義は、

・2階以上の階にある

・住戸から外に張り出している(外部にある)


・雨風をしのげる屋根がない(外気から遮断されていない)

これらのスペースのことをバルコニーといい、マンションにおいては、専有部分ではなく共有部分扱いになります。

建物表題登記に記載する床面積の条件からみるとバルコニーは建物表題登記に記載する必要がありません。

ルーフバルコニーの床面積は建物表題登記に記載する必要があるのか?

一般的にルーフバルコニーの定義は、

・2階以上の階にある

・住戸から外に張り出している(外部にある)

・雨風をしのげる屋根がない(外気から遮断されていない)

・直下の階の屋根を床にしている

・一般的にベランダやバルコニーよりも広い

これらのスペースのことをルーフバルコニーといい、マンションにおいては、専有部分ではなく共有部分扱いになります。

建物表題登記に記載する床面積の条件からみるとルーフバルコニーは建物表題登記に記載する必要がありません。

テラスの床面積は建物表題登記に記載する必要があるのか?

一般的にテラスの定義は、

・建物の1階から外部にフラットに突き出した床部分(外部にある)

・床部は主にコンクリートやタイルなど

・雨風をしのげる屋根がない(外気から遮断されていない)

これらのスペースのことをテラスといいます。

建物表題登記に記載する床面積の条件からみるとテラスは建物表題登記に記載する必要がありません。

建物登記・土地登記はお近くの土地家屋調査士事務所へご相談下さい。

お気軽にお問合せください


住宅情報ランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

-建物表題登記, 登記 建物

Copyright© 土地建物登記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.