誰でもできる建物登記・土地登記マニュアル

土地建物登記

建物表題登記 登記 建物

初心者でもすぐわかる!建物表題登記に必要な書類を詳しくご紹介!

投稿日:

あなたは「建物表題登記に必要書類」についてご存知ですか?

「建物表題登記」は建物の登録であることから、いろんな権利が絡み、特に複雑な登記ともいわれています。

場合によっては膨大な量の書類を集める必要もあります。

今回は「建物表題登記に必要な書類」について初心者でもすぐわかるように詳しくご紹介させていただきます。

「建物表題登記」に必要な基本的な書類

「建物表題登記」を申請するためには以下の書類が基本的に必要になります。

① 建物表題登記の登記申請書

・法務局の窓口でもらえる書類です。

・申請人、代理人の基本情報、または建物に対する基本情報を書く必要があります。

・添付書類として、建物図面、各階平面図、所有権証明書、住所証明書などを添付する必要があります。

②申請人の住民票(住所の証明)

・申請人(共有の場合は所有者全員)の住民票が必要です。

③建物の建築確認書(所轄の建築課の証明)

・建物を建てた施工業者が持っている「建築確認に係る書一式」のコピー(原本証明つき)が必要です。

④ 引渡し証明書(施工業者の証明書)

・引渡証明書
・施工業者の印鑑証明書
・施工業者の登記事項証明書

の3枚の書類が必要です。

⑤ 各階平面図

・法務局の「建物表題登記」のフォーマットに合わせた各階平面図が必要になります。

※施工図面をそのまま使えないのでご注意ください。

⑥ 建物図面

・法務局の「建物表題登記」のフォーマットに合わせた建物図面が必要になります。

※施工図面をそのまま使えないのでご注意ください。

⑦その他

・委任状 

申請人が申請にいけない時には、代理人に申請に行ってもらうための委任状が必要になります。

・現地の案内地図 A4サイズの紙に所在地がわかるように用意する。

基本的にこれら7種類の書類があれば「建物表題登記」の申請を提出することはできます。

次の章では基本的な7種類の書類以外が必要な場合について詳しくご紹介させていただきます。

主に建物所有権の証明をする時に必要な書類となります。

「建物の所有者」が亡くなっている時に必要な書類

①遺産分割協議書

・相続人全員が署名をしたうえで実印を捺印

・相続人全員の分がないと「遺産分割協議書」の効力がありません

②相続関係説明図

・亡くなった方と相続人の関係性を説明する書類

・名義変更の手続きの際の必要書類

③戸籍などの謄本類

・亡くなった方の出生から死亡までの戸籍類

・相続人全員の戸籍類

「建物の建築確認」が無い場合に必要な書類

①工事業者からの引渡証明書、成年者2名の証明書


②工事業者からの引渡証明書、固定資産税の証明書

※成年者2名の条件は建築した時の同居人、建物に出入りがある親族、建てたことを知っている人などです。

※成年者2名の印鑑登録証明書が各自1通ずつ必要になります。

建物登記・土地登記はお近くの土地家屋調査士事務所へご相談下さい。

お気軽にお問合せください


住宅情報ランキング
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

-建物表題登記, 登記 建物

Copyright© 土地建物登記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.